朝日保育園へようこそ!!


保育園の理念・基本方針・目標

 社会福祉朝日福祉会の運営する朝日保育園は、児童福祉法に基づき「保育に欠ける」乳幼児の保育を行うが、 保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために日夜、保護者や地域社会と力を合わせ、 児童の福祉を積極的に増進し、あわせて地域における家族援助を行う。 なお、児童の福祉を積極的に進めるために職員は、豊かな愛情をもって接し、児童の処遇向上のため知識の修得と技術の向上に努める、 また、家庭援助のために常に社会性と良識に磨きをかけ相互に啓発するものである。

 保育所は、乳幼児が、生涯にわたる人間形成の基礎を培う極めて重要な時期に、その生活時間の大半を過ごすところであります。 職員は、子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行い、人権を尊重しプライバシーを保護することにあります。 当保育園における保育の基本は、家庭や地域社会と連携を密にして家庭養育の補完を行い、 子どもが健康・安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、 健全な心身の発達を図り常に園児の幸せを願います。

 当保育園の保育目標は、子どもたち一人ひとりの「よりよく生きる力の基礎を育てる」ことです。 私たちは、豊かで変化にとんだ、さまざまな体験をし、そして多様な感情を沸かせること。 そういう毎日を過ごすことが、将来の生きる力の基礎になると考えます。 園の施設も環境も保育内容もすべてはそのためにあります。 私たちは、保育者、保育環境、給食などの角度より望ましい保育のあり方を考え続けます。 このため、当保育園の保育目標は次の諸事項を目指してます。

  • いろいろな体験を通じて、豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培う。
  • 一人一人の個性を引き出し、自由の中に責任を持ち、主体性・自主性を育みながら、生きていく力の基礎を培う。
  • 人と自然の関わりの中で愛する心を育む。

園の概要

児童を通じて得た私たちの喜びを保護者の方に伝え、子育ての悩みや不安があれば頼りにして頂ける雰囲気づくりができるよう努めたいと考えています。

延長保育促進事業の実施

保育時間の延長に対応した延長保育事業を自主事業で実施します。
 通常の保育時間を超え午後18時30分から午後19時30分までの1時間 。

一時保育事業の実施

保護者が急病の場合など家庭で保育が受けられない子ども達を対象に、一時保育事業を自主事業で実施します。



緊急地震速報受信装置「デジタルなまず」を設置しております。 

気象庁からの緊急地震速報の情報を基に、
本震到着秒数と予想震度を知らせます。